コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日中黒潮共同調査 にっちゅうくろしおきょうどうちょうさJapan-China joint research program on the Kuroshio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日中黒潮共同調査
にっちゅうくろしおきょうどうちょうさ
Japan-China joint research program on the Kuroshio

科学技術庁と中国の国家海洋局が,1986年から7ヵ年計画で実施された東シナ海黒潮共同調査。日本側は科学技術庁が窓口で,海上保安庁,気象庁,水産庁,海洋科学技術センターが主体となり,(1) 黒潮の変動機構の解明,(2) 黒潮の浄化機構の解明,(3) 黒潮の海洋生物生産基礎機構の把握,(4) 黒潮のエネルギー総量の把握,(5) 黒潮域の大気・海洋相互作用の解明,(6) データの標準化の調査研究,を行なった。科学技術庁が 1977年から 10年間実施した「黒潮の開発利用調査研究」では調査海域に東シナ海は含まれていなかった。そこで,黒潮をいっそう理解するために,本共同調査では黒潮の上流域である東シナ海に重点がおかれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日中黒潮共同調査の関連キーワードジャーマン今西祐行灰谷健次郎アイゼンマン木村敏桑原史成新藤兼人彗星・小惑星探査機スペースシャトル中川李枝子

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android