コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日乗朝山 にちじょうちょうざん

3件 の用語解説(日乗朝山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日乗朝山
にちじょうちょうざん

「朝山日乗 (あさやまにちじょう)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にちじょうちょうざん【日乗朝山】

?‐1577(天正5)
戦国末織田政権期の政僧。朝山日乗とするのは俗説。弘治年間(1555‐58)朝家復興に尽力して後奈良天皇より上人号を授かった。のち織田信長足利義昭に重用され,禁中修理奉行,寺社対策,義昭と信長の間の調停などに大きな役割をはたした。毛利氏との関係も深く,1563年(永禄6)足利義輝の使として豊芸(大友・毛利)間の和平にあたり,73年(天正1)義昭退京後の織田・毛利間の折衝にも関与した。【高木 傭太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にちじょうちょうざん【日乗朝山】

?~1577) 戦国末期の政僧。出雲国朝山の人といわれる。織田信長入京後、皇居造営などに活躍。フロイスとの宗論に敗れたが、その後もキリスト教禁圧を策した。朝山日乗とするのは俗説。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日乗朝山の関連キーワード朝山素心朝山吉信山田政紀朝山意林庵朝山日乗日乗織豊政権当代記日乗(2)織田政権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone