コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日光皮膚炎 にっこうひふえんsolar dermatitis; sunburn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日光皮膚炎
にっこうひふえん
solar dermatitis; sunburn

いわゆる日焼けのこと。過度の日光照射による病変で,数時間後に被照射部に一致して発赤,浮腫性紅斑,水疱が生じる。水疱の被膜は薄く,のちに落屑する。これらの炎症症状が治まるとともに色素沈着が起る。長時間にわたり広範囲に日光照射を受けると熱射病になる。日光皮膚炎は,色白の人,先天性素因に基づく光線過敏症者,光線過敏性薬物 (ソラレン,テトラサイクリンサルファ剤クロルプロマジン,香料,コールタールなど) を使っている人に起りやすい。内因性光線過敏性皮膚炎のうち,日光の当る部位に一致して湿疹性病変が生じるものは日光湿疹という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の日光皮膚炎の言及

【皮膚炎】より

…しかし現実にはICDとACDが共存したり,最初ICDで始まり,次にACDが起こるなど,発疹型や自覚症状を参考にしても,両者をはっきりと識別しえない場合もある。物質に紫外線があたって化学変化が起こり,その生成物がICDやACDを起こすときは,臨床的には日光のあたった部位にのみ皮膚炎が起こる日光皮膚炎photodermatitisの形となる。 皮膚炎の治療には一般にステロイド外用剤がよく用いられ,有効なことが多いが,難治のときにはパッチテストや使用試験,除去試験で原因物質をみつけ,環境から除くことが必要である。…

【日焼け】より

…しかし,このような皮膚の防御能力を超えて,過度の紫外線に照射された場合,皮膚は障害を起こす。これが一般にいわれる日焼けで,医学的には日光皮膚炎solar dermatitisという。晴天下の海水浴,スキー,戸外労働などではよく起こり,色の白い人のほうが色の黒い人より起こしやすい。…

※「日光皮膚炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

日光皮膚炎の関連キーワードビタミン剤放射線障害

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日光皮膚炎の関連情報