熱射病(読み)ねっしゃびょう

  • ねっしゃびょう ‥ビャウ
  • ねっしゃびょう〔ビヤウ〕
  • 熱射病 heat stroke

百科事典マイペディアの解説

熱中症ともいう。高温多湿の環境における労働の際,熱放散が妨げられて起こる病気。頭重,倦怠(けんたい),疲労,あくび,めまい,もうろう状態などの前駆症があり,やがて意識を失う。痙攣(けいれん)や精神錯乱を伴う。が出ず,体温が40℃を越えると生命にかかわることもある。治療は涼しい場所で安静にし,電解質補液とともに対症療法を行う。→日射病

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

高熱の環境に暴露されることによって起こる疾患。高熱条件下での作業といった職業的原因によるものの場合熱中症ということが多く,太陽の直射を受けて発症する場合は日射病といって区別する。人体は,これをとりまく外気温の上昇にともなって末梢循環血液量が増加し,外気と直接に接している皮膚からの放射対流によって放熱効果をあげているが,38~39℃を超えると,発汗作用による放熱が主力となる。しかし,これも限度を超えると,外気温の上昇にしたがって,軀幹内部の体温も上昇せざるをえなくなり,その結果,発汗によって,体液中の水分および塩類の著しい損失をまねくとともに,血管調節の不安定をもたらし,脳をはじめとする身体全体の血液循環が円滑に行われなくなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

高温多湿の場所に長時間置かれ、体の熱放散が十分行えないときに起こる病気。頭痛・めまい・倦怠けんたい感などに始まり、体温の著しい上昇や発汗停止・昏睡こんすい・痙攣けいれんなどを起こす。熱中症。 → 日射病

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 高温多湿の環境下で、体内の熱の放散が困難となるために起こる病気。体温が著しく上昇し、頻脈、頭痛、意識障害などの症状が現われる。〔日本家庭大百科事彙(1927‐31)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の熱射病の言及

【湿度】より

…好ましい相対湿度は40%から60%の範囲であり,低湿度が続くと肌や咽喉が荒れ,風邪にかかりやすくなるなどの傾向が増す。逆に高温多湿では発汗による放熱量が減少するために不快となり,極端な場合には熱射病に至ることもある。不快指数=0.72(乾球温度+湿球温度)+40.5は気温と湿度の2要素で決まり,75または80が限界とされている。…

【熱中症】より

…高温下での労働といった職業的原因で起こる熱射病をいう。日本でも,かなり昔から〈よろけ〉という名称で,鉱山等の高温多湿の環境で働く作業者によく起こった熱中症が記載されている。…

※「熱射病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱射病の関連情報