コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日光・月光 にっこうがっこう

世界大百科事典 第2版の解説

にっこうがっこう【日光・月光】

薬師如来の脇侍として,《薬師本願経》には名のみ記されるが,その像容などは詳説されない。一般には蓮華上に日輪・月輪を執るのを図像的特色とする。薬師寺の薬師三尊像の両脇侍を最古の例とし,東大寺三月堂に日光・月光と伝える奈良時代の塑造立像があり,平安時代には法隆寺講堂,大阪勝尾寺,醍醐寺,神奈川宝城坊など,薬師三尊像の脇侍として造立された多くの作例があげられるが,おのおの図像的には必ずしも一様ではない。薬師【百橋 明穂】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日光・月光の関連キーワード兵庫県神戸市垂水区多聞台和歌山県日高郡日高川町宮崎県宮崎市瓜生野三重県伊賀市湯屋谷道成寺(和歌山県)脇侍(きょうじ)周防国分寺旧境内日高川(町)宇治田原町大谷磨崖仏聖衆来迎寺定慶(3)月光菩薩天平彫刻田淵義久薬師如来黒田杏子継子話覚園寺願興寺

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日光・月光の関連情報