コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日収 ニッシュウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日収 にっしゅう

1578-1650 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)6年生まれ。日蓮宗。京都松ケ崎檀林(だんりん)でまなび,のち下総(しもうさ)飯高(千葉県)の檀林で日遠(にちおん)に師事。元和(げんな)6年肥後(熊本県)常光寺2世となる。書画詩文をよくした。慶安3年10月10日死去。73歳。能登(のと)(石川県)出身。字(あざな)は秋澗。号は智雄院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日収の関連キーワード米英の情報収集を巡る報道都々逸坊扇歌(初代)稲村 佐近四郎辛島古淵清掃事業北島雪山今村方策フロー日金日銭クワ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android