コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日収 ニッシュウ

デジタル大辞泉の解説

にっ‐しゅう〔‐シウ〕【日収】

日々の収入

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日収 にっしゅう

1578-1650 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)6年生まれ。日蓮宗。京都松ケ崎檀林(だんりん)でまなび,のち下総(しもうさ)飯高(千葉県)の檀林で日遠(にちおん)に師事。元和(げんな)6年肥後(熊本県)常光寺2世となる。書画詩文をよくした。慶安3年10月10日死去。73歳。能登(のと)(石川県)出身。字(あざな)は秋澗。号は智雄院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にっしゅう【日収】

一日の収入。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日収の関連キーワード米英の情報収集を巡る報道都々逸坊扇歌(初代)稲村 佐近四郎辛島古淵北島雪山今村方策清掃事業フロー日銭日金クワ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android