コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日吉幾治 ひよし いくじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日吉幾治 ひよし-いくじ

1864-1950 大正時代の村長。
文久4年2月5日生まれ。大正10年日本窒素肥料延岡工場(旭化成延岡工場の前身)を野口遵(したがう)が建設しようとしたとき,宮崎県東臼杵郡恒富村(つねとみむら)村長として,用地を村立て替えで買収し,工場誘致に成功した。昭和25年2月15日死去。86歳。日向(ひゅうが)(宮崎県)出身。旧姓は尾崎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日吉幾治の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android