コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口遵 のぐちしたがう

6件 の用語解説(野口遵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野口遵
のぐちしたがう

[生]1873.7.26. 金沢
[没]1944.1.15. 伊豆韮山
実業家。昭和初期に勃興した新興財閥日窒コンツェルンの総帥。 1896年東京帝国大学電気工学科卒業後,1906年藤山常一らとともに曾木電気創立。その余剰電力を用いてカーバイド製造に着手し,日本カーバイド商会設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のぐち‐したがう〔‐したがふ〕【野口遵】

[1873~1944]実業家。石川の生まれ。東大卒。日窒(にっちつ)コンツェルンの創立者。日本窒素肥料を設立し、カーバイド・合成アンモニアなどの製造で成功を収める。のち朝鮮にも進出し、一大コンツェルンを形成。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口遵 のぐち-したがう

1873-1944 明治-昭和時代前期の実業家。
明治6年7月26日生まれ。41年日本窒素肥料を設立,外国技術を導入して硫安,人絹などを製造。昭和の初めから朝鮮に進出,電力会社をはじめ各種会社をおこして日窒コンツェルンを形成した。昭和19年1月15日死去。72歳。石川県出身。帝国大学卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

のぐちしたがう【野口遵】

1873‐1944(明治6‐昭和19)
新興財閥日窒コンツェルンの創設者。通称〈のぐちじゅん〉。石川県出身。帝国大学電気工学科卒業後,郡山電灯,ジーメンスシュッケルト日本出張所,安曇電気等の電気技師を経て,1908年みずからの創業にかかわる曾木電気,日本カーバイト商会を合併して日本窒素肥料(日窒,現,チッソ)を設立,日本最初の石灰窒素・硫安の生産を開始する。さらに第1次世界大戦後,合成アンモニアの生産と人造絹糸の企業化に成功した。昭和期に入ると豊富低廉な電力を求めて朝鮮に進出し,赴戦江,長津江の電源開発をすすめ,27年設立の朝鮮窒素肥料を中心とする電気化学工業コンビナートを興南に建設,〈半島の事業王〉と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

のぐちしたがう【野口遵】

1873~1944) 企業家。日窒コンツェルンの創立者。石川県生まれ。東大卒。1908年(明治41)日本窒素肥料を設立、のち電力を求めて朝鮮にも進出、電力・アンモニアを軸とする日窒コンツェルンを形成。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野口遵
のぐちしたがう
(1873―1944)

日窒コンツェルンの創設者。石川県出身。名は「じゅん」とも読む。1896年(明治29)帝国大学工科大学電気工学科卒業後、郡山電灯、シーメンス・シュッケルト社日本出張所、仙台三居沢のカーバイド製造所などを経て、1906年(明治39)曽木電気を設立、その余剰電力を活用して08年日本カーバイド商会を設立、さらに同年両社を合併して日本窒素肥料(熊本県水俣(みなまた))を設立した。同社では石灰窒素(フランク・カロー法)、変成硫安の製造が開始された。また23年(大正12)には、果敢な企業者精神と緻密(ちみつ)な洞察力とによってわが国最初の合成アンモニア(カザレー法)の製造に成功。以後、相次ぐ大容量水力発電所の建設と並行して、合成アンモニアの多目的利用による合成硫安、火薬、「ベンベルグ」繊維などの電気化学工業、あるいは軍需に依存した石炭液化、軽金属事業などへの展開によって、水俣、宮崎県延岡(のべおか)、さらに朝鮮において一大化学コンビナートを築き上げた。これらの事業は数多くの子会社によって担われ、新興財閥の一つたる日窒コンツェルン(野口コンツェルン)を形成した。野口は卓抜な技術者であるとともに独裁的事業家でもあり、とくに朝鮮における事業展開のスケールの壮大さから「半島の事業王」とよばれた。しかし、コンツェルン確立後の40年(昭和15)には京城(けいじょう)(現ソウル)で脳溢血(のういっけつ)に倒れ、しだいに事業からは手を引いた。翌41年の正月には「三十年の夢からさめて初日の出」と詠じ、全私財3000万円を寄付するなどして、終戦を待たずに昭和19年1月に72歳で死去した。[下谷政弘]
『吉岡喜一著『野口遵』(1962・フジ・インターナショナル・コンサルタント出版部) ▽柴村羊五著『野口遵伝』(1981・有斐閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の野口遵の言及

【旭化成工業[株]】より

…本社大阪市北区,主力工場延岡市。日本窒素肥料(現,チッソ)の野口遵が1922年5月,ビスコースレーヨンの生産を行う旭絹織(株)を設立したことに始まる。また野口はイタリアのカザレー式アンモニア合成法を導入して日窒肥料(株)延岡アンモニア工場を建設,23年試運転に成功した。…

【チッソ[株]】より

…第2次大戦前,世界的な化学肥料コンビナートを建設した名門企業。前身は,1906年野口遵(したがう)により,電力供給を目的として鹿児島県の山村大口村に設立された曾木電気(株)。野口は余剰電力を利用してカーバイド製造をもくろみ,08年1月日本カーバイド商会を設立,熊本県に水俣工場を建設した。…

【日窒コンツェルン】より

野口遵(したがう)によって創設された新興財閥で,野口財閥とも呼ばれる。1908年,曾木電気と日本カーバイト商会を合併して日本窒素肥料を設立したのが発端。…

※「野口遵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

野口遵の関連キーワード633美の里いの(町)吾北地租改正レーピンローンヴァン・リード小幡甚三郎畠山太助堀田右馬允

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野口遵の関連情報