日吉神社(読み)ひえじんじゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日吉神社(滋賀県)
ひえじんじゃ

滋賀県大津市坂本本町に鎮座の日吉大社を勧請(かんじょう)した神社。日枝神社とも書く社、「ひよしじんじゃ」と称す社もある。大山咋神(おおやまくいのかみ)・大物主(おおものぬし)神ほかを祀(まつ)るのを通例とする。最澄(さいちょう)により比叡(ひえい)山に延暦寺(えんりゃくじ)が開かれてのち、日吉大社はその地主神として崇敬され、神仏習合思想がおこるとともに、天台の守護神山王神とされ、天台宗が広く普及するとともに各地に勧請された。「山王さん」「山王権現」などとよばれている場合が多い。[鎌田純一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日吉神社の関連情報