日吉神社(読み)ひえじんじゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日吉神社(滋賀県)
ひえじんじゃ

滋賀県大津市坂本本町に鎮座の日吉大社を勧請(かんじょう)した神社。日枝神社とも書く社、「ひよしじんじゃ」と称す社もある。大山咋神(おおやまくいのかみ)・大物主(おおものぬし)神ほかを祀(まつ)るのを通例とする。最澄(さいちょう)により比叡(ひえい)山に延暦寺(えんりゃくじ)が開かれてのち、日吉大社はその地主神として崇敬され、神仏習合思想がおこるとともに、天台の守護神山王神とされ、天台宗が広く普及するとともに各地に勧請された。「山王さん」「山王権現」などとよばれている場合が多い。[鎌田純一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日吉神社の関連情報