コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地主神 ジヌシガミ

5件 の用語解説(地主神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じぬし‐がみ〔ヂぬし‐〕【地主神】

各地の鎮守や屋敷神など、その土地や屋敷を守護する神。じぬしのかみ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

地主神【じぬしがみ】

地神(ちじん)/(じがみ)とも。土地の神,屋敷神,開拓者や祖先の神霊などで一様でなく,屋敷内や田畑の隅の小祠にまつられる。また比叡(ひえい)山を開創した際に地主神の大山咋神(おおやまくいのかみ)を守護神として祭ったことなどが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じぬしがみ【地主神】

〈とこぬしのかみ〉〈じしゅのかみ〉とも称する。その土地に土着し,〈ぬし〉としてその土地を伝統的に領有する神をいう。二つの社会集団生活共同体が相接触した場合,その一方が他方の奉ずる神を制圧し統御する現象は,宗教史上世界各地に見られるところである。また,征服者もしくは進出者が,自分たちの奉ずる神と類似した属性をもつものとして,被征服者もしくは被進出者の神を同一化する現象もしばしば見られる。こうした二つの社会集団,生活共同体が別々に信奉していた二つの神が,一方の神が他方の神と同一のものと考えられることによって一つとされる融合現象,合体現象は,とくに地形上多くの狭小な集落が併存し,それぞれの集落がそれぞれの生活を営んでいた日本では顕著であったと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じぬしのかみ【地主神】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地主神
じぬしがみ

土地神の一種。ジガミ、ジジン、ジノカミなどの名称がある。一般には田畑や屋敷を守護する土地神とみなされるが、その田畑の開発者の霊を祀(まつ)るとする伝承や、33年忌を終えた霊が屋敷の地主神となる伝承があることから、祖霊とみなされる場合もある。自然神としての土地神、人間霊としての祖霊の二面性が地主神にはある。田畑、山中、路傍、屋敷、墓地などに石や木や藁(わら)の祠(ほこら)、樹木があり、年間定時、臨時に祀られる。九州では盲僧が地神経を唱えに回檀する。関東では地神講が村々に結成されている。高知県土佐郡土佐町周辺では、家に病人が多く出たり、子供や牛が死ぬと、太夫(たゆう)が「地主」の祟(たたり)と告げるので、屋敷内に「地主」と刻んだ石祠を建てて正月と盆に祀る例がある。また無縁化した古墓を一か所にまとめて整理したときにも、そのそばに同様の石祠を建てて祀る。[赤田光男]
『直江広治著『屋敷神の研究』(1966・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の地主神の言及

【地主神】より

…こうした二つの社会集団,生活共同体が別々に信奉していた二つの神が,一方の神が他方の神と同一のものと考えられることによって一つとされる融合現象,合体現象は,とくに地形上多くの狭小な集落が併存し,それぞれの集落がそれぞれの生活を営んでいた日本では顕著であったと思われる。例えば,秦氏の一族が北山城(京都府)に進出し,桂川に大堰を設けて葛野の平野を開墾した際に松尾の地に地主神たる大山咋(おおやまくい)神を氏の神としてまつり,深草には稲荷神を同じく氏の神としてまつっている。また,伝教大師(最澄)が比叡山を開いた際に,地主神たる大山咋神を山王神としてまつり,弘法大師(空海)が高野山を開いた際にも,地主神たる丹生都比売(にぶつひめ)神をまつっている。…

【地主神】より

…こうした二つの社会集団,生活共同体が別々に信奉していた二つの神が,一方の神が他方の神と同一のものと考えられることによって一つとされる融合現象,合体現象は,とくに地形上多くの狭小な集落が併存し,それぞれの集落がそれぞれの生活を営んでいた日本では顕著であったと思われる。例えば,秦氏の一族が北山城(京都府)に進出し,桂川に大堰を設けて葛野の平野を開墾した際に松尾の地に地主神たる大山咋(おおやまくい)神を氏の神としてまつり,深草には稲荷神を同じく氏の神としてまつっている。また,伝教大師(最澄)が比叡山を開いた際に,地主神たる大山咋神を山王神としてまつり,弘法大師(空海)が高野山を開いた際にも,地主神たる丹生都比売(にぶつひめ)神をまつっている。…

※「地主神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地主神の関連キーワード地主の神別天つ神祓戸の神神皇産霊神園神葦那陀迦神伊怒比売大地主神鳥鳴海神八千戈神

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地主神の関連情報