コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山王権現 サンノウゴンゲン

大辞林 第三版の解説

さんのうごんげん【山王権現】

日吉ひえ・日枝両神社の祭神。また、その神社の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山王権現
さんのうごんげん

日吉大社」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の山王権現の言及

【山王信仰】より

…比叡山のふもと,滋賀県大津市に鎮座する日吉(ひよし)大社に対する信仰。この日吉大社は山王権現とも称された。大山咋(おおやまくい)神を主祭神とする古い山岳信仰にその源流を発し,平安時代の初め,延暦年間(782‐806)に天台宗の開祖,伝教大師最澄が延暦寺を建立したとき,山麓にあった日吉の神を,延暦寺一山の鎮守神,天台宗の護法神と定めた。…

【日吉大社】より

…全国の日吉(枝)(ひえ)社約3800余社の総本社。日吉(ひえ)社とか山王権現ともよばれる。比叡山の東の尾根にある牛尾山(小比叡峰または八王子山)の大山咋(おおやまくい)神(別名を山末之大主(やますえのおおぬし)神)が最初にまつられた地主神で,のち668年(天智7)に三輪の大己貴(おおなむち)神を比叡の山口に勧請して大比叡神とし,大宮とよばれて西本宮にまつられ,大山咋神は小比叡神とされて東本宮にまつられた。…

※「山王権現」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山王権現の関連キーワード日枝神社(東京都)日吉神社(滋賀県)神田祭(東京都)鳳来山東照宮尭然入道親王日吉神社境内加賀美光起加賀見光章加賀美光章山王霊験記鎮守の神山県大弐医王山王日枝神社日吉神道愛護の若山王鳥居山王信仰山王神道浄厳院