日名子 実三(読み)ヒナコ ジツゾウ

20世紀日本人名事典「日名子 実三」の解説

日名子 実三
ヒナコ ジツゾウ

大正・昭和期の彫刻家



生年
明治26(1893)年

没年
昭和20(1945)年4月25日

出身地
大分県臼杵市

学歴〔年〕
慶応義塾中退,東京美術学校彫塑科〔大正7年〕卒

経歴
朝倉文夫に師事。東台彫塑会に参加、大正8年から帝展に連続入選、13年には特選。15年斎藤素巌らと在野の彫刻家グループ・構造社を創立、同社友として応用彫塑の道をつけた。昭和4年フランス、イタリアに渡り、帰国後の10年帝国美術院改組に際し、第3部会を結成、15年国風彫塑会と改めた。代表作は第14回帝展の「椅子に凭れる女」、第1回第3部会展「宗麟像」、宮崎市の「平和の」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android