日影丈吉(読み)ひかげ じょうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日影丈吉 ひかげ-じょうきち

1908-1991 昭和後期-平成時代の小説家。
明治41年6月12日生まれ。昭和31年「狐の鶏」で日本探偵作家クラブ賞,平成2年「泥汽車」で泉鏡花文学賞。G.ルルー「黄色い部屋」など,フランス-ミステリーの翻訳が多数ある。エッセイに「味覚幻想」など。平成3年9月22日死去。83歳。東京出身。アテネ・フランセ卒。本名は片岡十一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android