コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日月合成日周潮 じつげつごうせいにっしゅうちょうlumi-solar diurnal tide

海の事典の解説

日月合成日周潮

月および太陽による起潮力を調和分解したとき、同一の周期を持った項が現れる。この両者の和からなる分潮で、ほぼ1日の周期のものを日月合成日周潮、ある いはK1分潮と呼ぶ。周期は23.93時間で、海面の凹凸が起潮力に静力学的に釣り合ったとしたときの振幅(m)(係数と呼ぶ)は0.26522である。 この係数はS2分潮より少し大きく、M2分潮に次ぐ二番目の大きさを持つ分潮である。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android