日本の音楽(読み)にほんのおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

には日本で行われるすべての音楽をいうが,狭義には明治以降に輸入されたヨーロッパ系の音楽と,洋楽器使用を前提として日本で作られたものを除いた日本の民族的な音楽をいう。その場合「邦楽」ともいう。その歴史は,4つの時代に大別され,4世紀以前の固有音楽時代,5~9世紀の国際音楽時代,10~19世紀の民族音楽時代,20世紀の世界音楽時代に分けられ,代表的な種目としては,雅楽,仏教音楽,平曲および琵琶楽,箏曲三味線音楽,尺八楽,胡弓楽,民謡および民俗芸能の音楽,明治以後の歌謡歌曲などがあるが,雅楽の舞楽,能,三味線音楽,民俗芸能などのように,演劇または芸能という面からも扱われるものもあり,それ以外のものでも文芸などの音楽外的要素も強く,全体的に声楽が優位であるなど,総合芸術としてとらえなければならない面が非常に多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本の音楽の関連情報