コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本世記 にほんせいき

世界大百科事典 第2版の解説

にほんせいき【日本世記】

高句麗からの亡命僧道顕の著。巻数未詳。《日本書紀》の斉明紀から天智紀にかけてと,《藤氏家伝》の大織冠伝や貞慧伝に書名を挙げて,あるいは道顕の言として引用されている。それら逸文によると,著者は藤原鎌足家と親しかったらしく,百済,高句麗の滅亡に至る事情や当時の日本事情を述べており,その歴史観には讖緯(しんい)説の影響が認められる。【青木 和夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本世記の関連キーワード道顕(1)高句麗

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android