コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤氏家伝 とうしかでん

2件 の用語解説(藤氏家伝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤氏家伝
とうしかでん

大織冠伝』『家伝』ともいう。藤原氏の先祖の伝記を扱ったもの。2巻。上巻に藤原鎌足とその子の僧貞慧の伝記,下巻に藤原不比等の子,武智麻呂の伝記を収録。奈良時代に成立。鎌足の伝記は,恵美押勝 (→藤原仲麻呂 ) の作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤氏家伝
とうしかでん

藤原鎌足(かまたり)の伝記「大織冠(たいしょくかん)伝」と藤原武智麻呂(むちまろ)の伝記「武智麻呂伝」とからなる上下二巻の書物。単に『家伝』ともいわれ、上巻は藤原仲麻呂(なかまろ)、下巻は華厳(けごん)宗の学僧で仲麻呂に仕えていたらしい延慶(えんけい)の著述。760年(天平宝字4)正月から4月までの間に成立。上巻は「内大臣、諱(いみな)ハ鎌足、字(あざな)ハ仲郎(ちゅうろう)、大倭(やまと)国高市郡ノ人ナリ。其ノ先ハ天児屋根命(あめのこやねのみこと)ヨリ出ヅ」に始まり、「二子、貞恵(じょうえ)、史(ふひと)有り、倶(とも)ニ別ニ伝有リ」に終わり、鎌足の伝記の側面を知るのに貴重な文献。「別ニ伝有リ」とある史(不比等(ふひと))の伝は残っていないが、貞恵(慧)の伝記は「貞慧伝」として上巻末に付載されている本もある。下巻は「藤原左大臣、諱ハ武智麻呂、左京ノ人ナリ。太政(だいじょう)大臣史ノ長子、其(そ)ノ母ハ宗我蔵大臣ノ女ナリ」に始まり、「其ノ人トナリ玉ノ如(ごと)シ」に終わる。『続日本紀(しょくにほんぎ)』には記載されていない経歴や事績がみえ、武智麻呂の人物像を探るのに重要な史料。『続々群書類従』『寧楽(なら)遺文』所収。[佐伯有清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone