日本感染症学会(読み)ニホンカンセンショウガッカイ

デジタル大辞泉の解説

にほん‐かんせんしょうがっかい〔‐カンセンシヤウガククワイ〕【日本感染症学会】

急性伝染病をはじめとする感染症に関する調査・研究等を行う日本の学会。新型インフルエンザなど新たな感染症についても、対応策の提言等を行う。感染症専門医の認定も行っている。大正15年(1926)に日本伝染病学会として創設。研究分野を感染症全般に広げたことから、昭和49年(1974)に現名称に変更。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

日本感染症学会

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「The Japanese Association for Infectious Diseases」。急性伝染病や感染症に関する学術の進歩向上を図る。事務所所在地は東京都文京区。一般社団法人。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本感染症学会の関連情報