日本道路公団等民営化関係法施行法(読み)ニホンドウロコウダントウミンエイカカンケイホウシコウホウ

デジタル大辞泉の解説

にほんどうろこうだんとうみんえいかかんけいほう‐しこうほう〔ニホンダウロコウダントウミンエイクワクワンケイハフシカウハフ〕【日本道路公団等民営化関係法施行法】

日本道路公団など道路関係四公団の民営化に伴って制定された法律。道路関係四公団民営化関係四法の一。高速道路機構の設立、公団から高速道路会社・機構への権利義務の継承、公団の解散などについて規定している。平成16年(2004)制定。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android