日本遺伝カウンセリング学会

デジタル大辞泉プラスの解説

日本遺伝カウンセリング学会

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「Japanese Society for Genetic Counseling」。臨床遺伝学の進歩・発展と普及を図る。事務局所在地は東京都杉並区。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

にほん‐いでんカウンセリングがっかい〔‐ヰデン‐ガククワイ〕【日本遺伝カウンセリング学会】

臨床遺伝および遺伝カウンセリングに関する研究・調査・教育、遺伝カウンセリング体制の構築、遺伝に関する正しい知識の普及などの事業を行う学術団体。昭和52年(1977)臨床遺伝研究会として発足。昭和61年(1986)日本臨床遺伝学会となり、平成13年(2001)現名称に改称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本遺伝カウンセリング学会の関連情報