コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日根対山 ひね たいざん

2件 の用語解説(日根対山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日根対山 ひね-たいざん

1813-1869 江戸時代後期の画家。
文化10年生まれ。はじめ土佐派をまなぶ。のち京都の貫名海屋(ぬきな-かいおく)に学問,書画の指導をうけ,文人画山水を得意とした。明治2年3月13日死去。57歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。名は盛長。字(あざな)は小年。別号に茅海(ぼうかい),錦林子など。作品に「楓林(ふうりん)停車図」「嵐山(らんざん)図」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日根対山

没年:明治2.3.13(1869.4.24)
生年:文化8(1811)
幕末の南画家。名は盛長,字は成言,小年。別号に茅海がある。泉州(大阪府)堺の人。はじめ土佐派を学び,のち,貫名海屋に書画を学び,また,長崎の画僧鉄翁に私淑する。達者な運筆で幕末京都の南画界における第一人者と目された。

(星野鈴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日根対山の関連キーワード藩学一覧ペグマタイトドゥーフ女性参政権井上伝島津忠寛アサキアメリカ音楽イタリア哲学モルガン財閥

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日根対山の関連情報