コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日根野時盛 ひねの ときもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日根野時盛 ひねの-ときもり

?-? 南北朝時代の武将。
日根野盛治の子。和泉(いずみ)(大阪府)日根荘地頭。北朝方に属し,貞和(じょうわ)4=正平(しょうへい)3年(1348)高師泰(こうの-もろやす)がまもる和泉槌丸城を警固。文和(ぶんな)2=正平8年幕府から恩賞として尾張(おわり)(愛知県)柏井荘(かしわいのしょう)下条の一部があたえられた。通称は二郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone