日清紡績[株](読み)にっしんぼうせき

百科事典マイペディアの解説

日清紡績[株]【にっしんぼうせき】

通称日清紡。繊維を主力とする名門紡績会社で,テキスタル分野の国内トップ。1907年輸入紡績機械による高級綿糸製造を目的に設立。1920年の岡崎紡績買収を手始めに,地方紡績会社を次々と買収・合併した。かつて五大紡の一つに数えられた。戦前の社長・宮島清次郎吉田茂の同窓で,戦後,大物財界人として君臨。終戦後の社長・桜田武日経連会長に就任。近年ブレーキ,紙製品など非繊維部門に力を注ぎ,収益の柱に育つ。バイオ分野にも参入。ABSブレーキ技術は世界でも評価が高い。2009年持株会社日清紡ホールディングスに移行。本社東京,工場島田,富山,名古屋など。2011年資本金275億円,2011年3月期売上高3255億円。売上構成(%)は,繊維18,ブレーキ14,紙10,精密機器10,化学品2,エレクトロニクス35,不動産4,その他8。海外売上比率27%。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android