コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮島清次郎 みやじま せいじろう

2件 の用語解説(宮島清次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮島清次郎 みやじま-せいじろう

1879-1963 大正-昭和時代の実業家。
明治12年1月20日生まれ。東京紡績社長田村利七の娘婿となり,田村氏の実家宮島家をつぐ。同社専務をへて日清(にっしん)紡績にうつり,大正8年社長となる。国策パルプ工業社長も兼任。戦後は日本工業倶楽部(クラブ)理事長,日銀政策委員。昭和38年9月6日死去。84歳。栃木県出身。東京帝大卒。旧姓は小林。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮島清次郎
みやじませいじろう
(1879―1963)

大正・昭和期の実業家。第二次世界大戦後は財界のトップリーダーとなる。栃木県佐野市に小林庄太郎(しょうたろう)の次男として誕生。1906年(明治39)東京帝国大学政治学科(同期生に吉田茂ら)卒業後、住友別子(べっし)鉱業所入社。東京紡績社長田村利七の娘盛子と結婚、田村氏の実家宮島家の養子となる。10年東京紡績に移って事務長、支配人を経て専務取締役となる。尼崎(あまがさき)紡への合併を機に辞任、14年(大正3)日清(にっしん)紡に移り、経営改革に成功し、専務、社長、会長を歴任。この間、初代根津嘉一郎(かいちろう)の懇請で武蔵(むさし)高校の創設や日清レイヨン、国策パルプ、大日本麦酒(ビール)の経営にも参加。戦後は、公職追放後、48年(昭和23)日本工業倶楽部(くらぶ)理事長に返り咲き、吉田茂首相の要請で49年日銀政策委員に就任した。日銀の中立性を守り、他方で吉田内閣の陰の支持者であった。[加藤幸三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮島清次郎の関連キーワード石川哲郎岡崎忠雄奥村政雄小渕光平黒田善太郎小寺源吾白井赫太郎中崎敏奈良磐松森田判助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone