コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜田武 さくらだたけし

3件 の用語解説(桜田武の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜田武
さくらだたけし

[生]1904.3.17. 広島
[没]1985.4.29. 東京
実業家。 1926年,東京大学を卒業し日清紡績に入り,45年社長となった。先輩宮嶋清次郎吉田茂の親交の縁から,吉田およびその門下の池田勇人と親交を結び,政界への発言権を強めた。 64年同紡績会長,70年相談役と,社業からは身を引いたが,財界人として重きをなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜田武 さくらだ-たけし

1904-1985 昭和時代の経営者,財界人。
明治37年3月17日生まれ。大正15年日清(にっしん)紡績にはいり昭和20年社長,39年会長。また23年日経連の創設とともに総理事,35年代表常任理事として活躍し,49年会長。財政制度審議会会長。昭和60年4月29日死去。81歳。広島県出身。東京帝大卒。
【格言など】企業は公器である。職場に明るい一灯を点じ世の一隅を照す(信念)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜田武
さくらだたけし
(1904―1985)

経営者、財界人。広島県沼隈(ぬまくま)郡赤坂村(現福山市)に生まれる。1926年(大正15)東京帝国大学法学部を卒業と同時に日清(にっしん)紡績入社。宮島清次郎社長の薫陶を受けつつ順調に昇進し、1944年(昭和19)専務、1945年12月社長就任。1964年社長退任、会長。1970年会長退任、相談役就任。財界活動としては、初め経済同友会幹事(1946)となるが、1948年に日本経営者団体連盟(日経連。現日本経済団体連合会)が創設されると総理事となり、秩父(ちちぶ)セメント(現太平洋セメント)会長諸井貫一(もろいかんいち)亡きあと、代表常任理事(1960)として日経連のリーダーとなり活躍。1974年日経連会長。1979年同会長を退任し名誉会長。[浅野俊光]
『『桜田武論集 下巻』(1982・日経連)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の桜田武の言及

【日本経営者団体連盟】より

…しかし組合対策だけが日経連の主要活動ではない。初代代表常任理事諸井貫一(秩父セメント社長,1896‐1968)は経営者啓蒙を第一任務とし,続く桜田武会長(日清紡社長)も78年創立30年記念総会で,経営モラルの確立,人間関係の重視,社会的貢献を創立以来の三大使命に掲げた。なお日経連は,創立当初は代表常任理事制だったが,1949年5月以降は会長制をとっている。…

※「桜田武」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

桜田武の関連キーワード度量衡任意出頭被疑者土讃線解析変成作用熱雲東欧演劇新興市場燃料棒レジ袋有料化

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桜田武の関連情報