君臨(読み)くんりん

精選版 日本国語大辞典「君臨」の解説

くん‐りん【君臨】

〘名〙 (君主として臣下に臨(のぞ)むの意)
① 君主として国家を支配すること。
※救荒の勅語‐明治元年(1868)六月二二日「朕、祖宗の霊に頼り億兆に君臨し」 〔春秋左伝‐襄公一三年〕
② 絶対的勢力を持ったものが他を圧倒すること。
※善心悪心(1916)〈里見弴〉「心の上に君臨(クンリン)するもののない『素人間(すにんげん)』は、またどんなことでも恐れない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「君臨」の解説

くん‐りん【君臨】

[名](スル)
主君として国家を統治すること。
ある分野で、強大な力を持って他を支配すること。「業界に君臨する大物」
[類語]支配統治制覇制圧征服圧伏管理管轄統轄統御統率宰領さいりょう監督統制取り締まり独裁専制治世べる制する領する握る牛耳ぎゅうじ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「君臨」の解説

【君臨】くんりん

君として臨む。〔左伝、襄十三年〕赫赫(かくかく)たる楚國にして、之れに君臨し、蠻夷を撫す。南を奄征(えんせい)し、以て夏を屬す。

字通「君」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android