コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日焼けと皮膚がん ひやけとひふがん

1件 の用語解説(日焼けと皮膚がんの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ひやけとひふがん【日焼けと皮膚がん】

 1年間にふりそそぐ紫外線量が多い地域や、屋外で多量の紫外線を浴びる仕事の人、色白で赤くなりやすい人などが皮膚がんになる可能性が高いことが立証されました。
 それは、紫外線がDNAにつけた傷が修復されず、p53と呼ばれるがん抑制遺伝子(よくせいいでんし)や、その他のがん関連遺伝子突然変異が生じるためということがわかったからです。
 p53は細胞のがん化に深くかかわる遺伝子で、皮膚がん以外のがんでも、約半分にその変異が確認されます。
 正常なp53は、細胞が増殖(ぞうしょく)しすぎないようにブレーキをかけるとともに、DNAにたくさんの傷ができたときはその細胞を自殺させます。ところが、日焼けで変異したp53にはこれらの能力がなくなり、DNAに傷がついた細胞がたくさん生き残る結果、がん化にむかう確率が高くなります。日焼けには用心しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日焼けと皮膚がんの関連キーワード紫外線写真紫外線療法UVA集注降注ぐ紫外線殺菌紫外線殺菌灯紫外線滅菌紫外分光測光シューマン線(紫外線)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone