コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日焼けと皮膚がん ひやけとひふがん

家庭医学館の解説

ひやけとひふがん【日焼けと皮膚がん】

 1年間にふりそそぐ紫外線量が多い地域や、屋外で多量の紫外線を浴びる仕事の人、色白で赤くなりやすい人などが皮膚がんになる可能性が高いことが立証されました。
 それは、紫外線がDNAにつけた傷が修復されず、p53と呼ばれるがん抑制遺伝子(よくせいいでんし)や、その他のがん関連遺伝子に突然変異が生じるためということがわかったからです。
 p53は細胞がん化に深くかかわる遺伝子で、皮膚がん以外のがんでも、約半分にその変異が確認されます。
 正常なp53は、細胞が増殖(ぞうしょく)しすぎないようにブレーキをかけるとともに、DNAにたくさんの傷ができたときはその細胞を自殺させます。ところが、日焼けで変異したp53にはこれらの能力がなくなり、DNAに傷がついた細胞がたくさん生き残る結果、がん化にむかう確率が高くなります。日焼けには用心しましょう。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

日焼けと皮膚がんの関連キーワード日焼け/色素性乾皮症p53

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android