コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日立の風流物 ひたちのふりゅうもの

1件 の用語解説(日立の風流物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひたちのふりゅうもの【日立の風流物】

茨城県日立市宮田町神峰(かみね)神社の祭礼(5月3~5日)に出る風流物山車(だし)。笠鉾ともいう。国指定重要無形民俗文化財からくり人形曳山は中部地方には多く見られるが,日立の風流物は山車の形態や規模の雄大さにおいて他に類例がない。山車は4台あり,幅4m高さ9mほどの表山(おもてやま)と,15mほどの裏山からなる巨大なものである。表山は5層(山車とも6層)の天守閣式の館で,各層とも唐破風の屋根をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日立の風流物の関連キーワード久慈川日立市かみね動物園鈴縫工業金馬車日立ライフ日立マグネットワイヤ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone