コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日経平均先物 ニッケイヘイキンサキモノ

デジタル大辞泉の解説

にっけいへいきん‐さきもの【日経平均先物】

日経平均株価を対象とした株価指数先物の総称。主に、大阪証券取引所に上場されている日経225先物を指すが、シカゴマーカンタイル取引所(CME)やシンガポール証券取引所でも日経平均先物が取引されている。特にシカゴ日経平均先物は、時差の関係で日本の証券取引所が閉じた後の最新の状況が反映されるため、注目を集める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日経平均先物の関連キーワードサーキット・ブレーカー制度日経225ミニ裁定取引

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日経平均先物の関連情報