コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日豪EPA にちごういーぴーえー

1件 の用語解説(日豪EPAの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

日豪EPA

日本とオーストラリア(豪州)間の経済連携協定(EPA)のこと。14年4月7日、日豪両首脳の会談により大筋で合意した。協定の内容は、豪州産牛肉の関税を今後15~18年かけて4~5割削減すること、豪州産チーズに対し無税・低関税の輸入枠を最大20年で2万6100トンに拡大すること、豪州産ワインの関税を7年かけて撤廃すること、また日本産自動車においては豪州向け輸出分の75%の関税が即時撤廃され残りも3年で撤廃されることなど。この協定で日本が輸入品の関税を撤廃する割合は約88%と過去最高水準となる。両国は、早ければ14年7月頃に同協定の署名を行い、翌年の発効を目指している。

(2014-4-9)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日豪EPAの関連キーワードオーストラリアオーストラリア区オーストラリア抗原オーストラリア亜区オーストラリアンバロット西オーストラリア南オーストラリアオーストラリア首都特別地域オーストラリア室内管弦楽団オーストラリアン・ミスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日豪EPAの関連情報