コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野栄子 ひの えいし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野栄子 ひの-えいし

1390-1431 室町時代,足利義持(よしもち)の妻。
明徳元=元中7年生まれ。日野重光の妹。5代将軍足利義量(よしかず)の母。応永32年19歳の義量を,その3年後夫の義持をうしない,出家した。従一位。永享3年7月27日死去。42歳。法号は慈受院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日野栄子

没年:永享3.7.27(1431.9.3)
生年明徳1/元中7(1390)
室町幕府4代将軍足利義持の妻となり,5代将軍義量を生む。日野資康の娘。義量,義持の死後,出家し,従一位に叙せられる。6代将軍義教と日野家との間にあって骨を折り,兄日野重光の娘を義教の妻とすることに尽力した。

(西尾和美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日野栄子の関連キーワード室町時代没年

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android