コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野重光 ひの しげみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野重光 ひの-しげみつ

1370-1413 室町時代の公卿(くぎょう)。
応安3=建徳元年生まれ。日野資康(すけやす)の子。日野家の一流裏松家の祖。姉の康子が3代将軍足利義満の後妻,妹の栄子が4代将軍義持の妻,娘重子が6代将軍義教(よしのり)の妻となり,外戚(がいせき)として権勢をふるう。従一位,大納言にのぼった。応永20年3月16日死去。44歳。号は善永。法名は兆年,亀年。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日野重光

没年:応永20.3.16(1413.4.16)
生年:応安3/建徳1(1370)
室町前期の公卿。法名は善永兆年。広寿院と号す。日野資康の子。日野家の庶流裏松家をおこし,裏松重光とも称す。室町幕府将軍足利義満の先室業子の甥に当たり,姉康子(北山院)は義満の後室,妹栄子は将軍義持の室である。娘の重子は将軍義教の側室となった。明徳3(1392)年蔵人頭,参議となり,同4年に従三位,同5年に権中納言,応永15(1408)年従一位,同18年権大納言となり,同20年後小松上皇の院執権を兼ねた。文安2(1445)年に左大臣を追贈される。武家伝奏,南都伝奏を務め,公家衆,寺社の幕府への取次や,将軍家の裁決の伝達を行い,将軍家の外戚,近臣として公家,武家に対し絶大な政治力を発揮した。

(伊東正子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひのしげみつ【日野重光】

1370‐1413(建徳1∥応安3‐応永20)
室町前期の公卿。資康の子。娘重子は6代将軍足利義教に嫁ぐ。1394年改元に際して年号の勘者に選ばれ応永の号を勘進したが,重光自身は将軍義満の意に違い改元仗議に出仕できなかった。97年権大納言に昇進,1408年従一位に叙される。この間,武家伝奏,南都伝奏として公家や寺社の訴訟を朝廷や幕府に取り次いだ。45年(文安2)左大臣を贈られる。【鳥居 和之】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日野重光の関連キーワード裏松重子日野栄子足利義政足利義昭足利義持日野重子足利義勝室町時代観智院

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android