コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早月葉子 さつき ようこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早月葉子 さつき-ようこ

有島武郎の小説或る女」の主人公。
日清(にっしん)戦争の従軍記者木部と結婚するが2ヵ月で破綻。のち婚約した木村のいるアメリカにわたる途中,船の事務長倉地と関係をもつ。すべてをすてて倉地と愛の巣をかまえるが,結局うまくいかず自滅的な死にいたる。国木田独歩の妻佐々城信子がモデルとされる。小説は大正7年「大阪毎日新聞」に連載。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

早月葉子の関連キーワード有島武郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android