早期がん(読み)そうきがん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

局所に限局し、治療によって高い確率で治癒が期待できるがん。早期がんの範囲は臓器によりそれぞれ異なるが、たとえば胃がんの場合、粘膜および粘膜下層にとどまるがんをさし、この場合の5年生存率は90%を超える。リンパ節やその他の部位への転移があっても早期がんに分類されるがんもある。一方、早期がんの範囲を超えて広がったがんは、進行がんとよぶ。

[渡邊清高 2018年1月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android