コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

5年生存率 ごねんせいぞんりつfive year survival rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

5年生存率
ごねんせいぞんりつ
five year survival rate

生命表の応用として,たとえば癌摘出手術患者のような特定人口に注目,追跡して得られる5年後の生存率。生命表生存率にならって 1000人に対する生存者数をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

5年生存率
ごねんせいぞんりつ
five-year survival rate

ある病気の患者が治療から5年後に生きている率。おもに癌(がん)の治療効果の判定のために用いられる。5年生存率では再発して治療中の患者も生存者のうちに含まれる。一方、多くの癌では、再発は5年以内がほとんどなので、手術や放射線などの治療で癌が消失してから5年間、再発がみられない場合は「治癒」とみなすので、5年生存率がほほ治癒率に近い指標とみなされる。再発の定義は癌細胞が一定の大きさになり、診断可能になること。このため、成長が遅い乳癌、前立腺(ぜんりつせん)癌、腎癌、甲状腺癌などは「10年生存率」を治癒率とすることが多い。
 5年生存率は同じ癌でも部位や癌の性質、患者の性別、民族、治療方法によっても、病院によっても違う。画期的な治療法の開発で大幅に高まることもある。健康人でも5年生存率は100%でないことから、それを比較した日本人の5年相対生存率が計算できる。国立がん研究センターのがん対策情報センターは、2003年(平成15)から2005年のデータを用いた日本人全体の5年相対生存率を公表している。それによると、生存率が低い癌は男性が、膵臓(すいぞう)(7%)、胆嚢(たんのう)・胆管(23%)、肺(25%)、肝臓(29%)、女性は膵臓(7%)、胆嚢・胆管(20%)、肝臓(26%)と多発性骨髄腫(しゅ)(31%)。逆に、治りやすいのは男性の前立腺(94%)、皮膚(89%)、甲状腺(87%)、女性の甲状腺(94%)、皮膚(93%)、乳(89%)である。[田辺 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

5年生存率の関連キーワード悪性線維性組織球腫腎盂がん/尿管がんユーイング肉腫スキルス性胃癌心臓移植の基準がんの化学療法膵(臓)がん転移性肝がん炎症性乳がん全国がん登録重症下肢虚血悪性軟部腫瘍がんの治療法10年生存率上咽頭がん悪性黒色腫脳良性腫瘍腎細胞がん脳悪性腫瘍人工臓器

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

5年生存率の関連情報