コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明本中峯 みょうほんちゅうほう Míng běn zhōng fēng

1件 の用語解説(明本中峯の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みょうほんちゅうほう【明本中峯 Míng běn zhōng fēng】

1263‐1323
中国,元代の禅者。姓は孫氏,中峯は号。単に中峯ともいう。浙江省杭州銭塘の人。高峯(1238‐95)について出家し,流泉をみて開悟して高峯より法を嗣(つ)いだ。定居することなくみずからは幻住と称して僧俗より江南の古仏と称された。元朝の仁宗,英宗が帰依した。死後,智覚禅師,普応国師と加諡(かし)された。著書に《幻住庵清規》《一華五葉》があり,語録に《中峯語録》《中峯和尚雑録》(日本編刊)がある。【吉田 公平】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

明本中峯の関連キーワード日観子温因陀羅愚渓右慧行省南岳懐譲南人麻逸院本泉州中国・宋代の禅の公案集

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone