コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明本中峯 みょうほんちゅうほうMíng běn zhōng fēng

世界大百科事典 第2版の解説

みょうほんちゅうほう【明本中峯 Míng běn zhōng fēng】

1263‐1323
中国,元代の禅者。姓は孫氏,中峯は号。単に中峯ともいう。浙江省杭州銭塘の人。高峯(1238‐95)について出家し,流泉をみて開悟して高峯より法を嗣(つ)いだ。定居することなくみずからは幻住と称して僧俗より江南の古仏と称された。元朝の仁宗,英宗が帰依した。死後,智覚禅師,普応国師と加諡(かし)された。著書に《幻住庵清規》《一華五葉》があり,語録に《中峯語録》《中峯和尚雑録》(日本編刊)がある。【吉田 公平】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

明本中峯の関連キーワード秋礀道泉中峰明本元の時代(年表)中峰 明本愚中周及続後拾遺和歌集普門寺鵡川沙汰未練書全相平話

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android