コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明本中峯 みょうほんちゅうほうMíng běn zhōng fēng

1件 の用語解説(明本中峯の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みょうほんちゅうほう【明本中峯 Míng běn zhōng fēng】

1263‐1323
中国,元代の禅者。姓は孫氏,中峯は号。単に中峯ともいう。浙江省杭州銭塘の人。高峯(1238‐95)について出家し,流泉をみて開悟して高峯より法を嗣(つ)いだ。定居することなくみずからは幻住と称して僧俗より江南の古仏と称された。元朝の仁宗,英宗が帰依した。死後,智覚禅師,普応国師と加諡(かし)された。著書に《幻住庵清規》《一華五葉》があり,語録に《中峯語録》《中峯和尚雑録》(日本編刊)がある。【吉田 公平】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

明本中峯の関連キーワード普門寺鵡川沙汰未練書全相平話マショー綾小路敦有大仏宣時金沢時直愚中周及久我通雄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone