古仏(読み)コブツ

大辞林 第三版の解説

こぶつ【古仏】

昔の仏像。
過去世に現れた仏。
禅宗で悟りを得た過去および現在の高僧の尊称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ぶつ【古仏】

〘名〙
① 古い様式の仏像。また、時代の経過した仏像。
※康頼宝物集(1179頃)上「古仏の様ににふすべて」
② 仏語。
(イ) 過去世に出現した仏。
※蓮如御文章(1461‐98)二「ここに彌陀如来と申は、三世十方の諸仏の本師本仏なれば、久遠実成の古仏として」 〔仏説大阿彌陀経‐跋文〕
(ロ) (先徳・祖師など)有徳の僧の敬称
※正法眼蔵(1231‐53)徧参「先師天童古仏、あるとき諸方の長老の道旧なる、いたりあつまりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古仏の関連情報