コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明海 みょうかい

1件 の用語解説(明海の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

明海

没年:文久3.3.5(1863.4.22)
生年:文政3頃(1820)
江戸時代湯殿山の即身仏(即身成仏した行者のミイラ)。山形県米沢市簗沢の松本家のお堂に祀られる。農家の長男に生まれ,俗名は春次といった。天保5(1834)年ごろ,眼病を患い同8年に失明。同11年に繁の市という座頭に弟子入りした。翌年から湯殿山に修行に入り,同15年に湯殿山裏口の大日寺で一世行人となり,文久3(1863)年に入定した。入定地や入定方法は不明である。湯殿山の即身仏はほとんど湯殿山表口の注連寺か大日坊系の寺院だけにみられ,裏口では唯一の即身仏。<参考文献>今泉亨吉「米沢のミイラ」(『置賜文化』41・42合併号)

(内藤正敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明海の関連キーワード即身成仏即身成仏義即身菩提忠海円明海弘智全海鉄竜海本明海妙心

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明海の関連情報