コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明海 みょうかい

朝日日本歴史人物事典の解説

明海

没年:文久3.3.5(1863.4.22)
生年:文政3頃(1820)
江戸時代の湯殿山の即身仏(即身成仏した行者のミイラ)。山形県米沢市簗沢の松本家のお堂に祀られる。農家の長男に生まれ,俗名は春次といった。天保5(1834)年ごろ,眼病を患い同8年に失明。同11年に繁の市という座頭に弟子入りした。翌年から湯殿山に修行に入り,同15年に湯殿山裏口の大日寺で一世行人となり,文久3(1863)年に入定した。入定地や入定方法は不明である。湯殿山の即身仏はほとんど湯殿山表口の注連寺か大日坊系の寺院だけにみられ,裏口では唯一の即身仏。<参考文献>今泉亨吉「米沢のミイラ」(『置賜文化』41・42合併号)

(内藤正敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

明海の関連キーワード諫早湾干拓についての民主党政策集INDEX2009の記述有明海及び八代海の再生に関する基本方針有明海・八代海総合調査評価委員会海苔と紀州梅のはさみ焼き海苔とえび塩のはさみ焼き佐賀県小城市芦刈町永田特急「有明」殺人事件佐賀県藤津郡太良町タイラギと有明海鯥五郎の蒲焼き新来島豊橋造船みやま[市]小長井[町]大和〈町〉田中 善内津田 白印了徳寺大学東よか干潟有明〈町〉森山[町]

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明海の関連情報