コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実運 じつうん

1件 の用語解説(実運の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実運 じつうん

1105-1160 平安時代後期の僧。
長治(ちょうじ)2年生まれ。源俊房の子。真言宗醍醐寺(だいごじ)座主(ざす)の兄勝覚(しょうかく)にまなび,のち勧修寺の寛信に師事。醍醐寺にかえり,保元(ほうげん)元年(1156)元海から灌頂(かんじょう)をうけ,醍醐寺座主となる。同寺勝倶胝院をひらいた。永暦(えいりゃく)元年2月24日死去。56歳。法名ははじめ明海。通称は廟僧都,勝倶胝院僧都。著作に「玄秘抄」「金宝鈔口伝」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

実運の関連キーワード永暦ハインリヒ[4世]源光保黄庭堅中尊寺毛越寺中尊寺ハインリヒ[5世]藤原忠実堀河百首

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実運の関連情報