コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実運 じつうん

1件 の用語解説(実運の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実運 じつうん

1105-1160 平安時代後期の僧。
長治(ちょうじ)2年生まれ。源俊房の子。真言宗醍醐寺(だいごじ)座主(ざす)の兄勝覚(しょうかく)にまなび,のち勧修寺の寛信に師事。醍醐寺にかえり,保元(ほうげん)元年(1156)元海から灌頂(かんじょう)をうけ,醍醐寺座主となる。同寺勝倶胝院をひらいた。永暦(えいりゃく)元年2月24日死去。56歳。法名ははじめ明海。通称は廟僧都,勝倶胝院僧都。著作に「玄秘抄」「金宝鈔口伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

実運の関連キーワード円憲覚範行恵行智(1)志内景澄静誉信慧素覚日覚源義隆

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実運の関連情報