コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石酉軒 あかし ゆうけん

1件 の用語解説(明石酉軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明石酉軒 あかし-ゆうけん

1773-1833 江戸時代後期の武士,儒者。
安永2年3月21日生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。藩の財政を監査する裏判役となる。のち著述に専念。貞女といわれた松尾政は明石家につかえ,酉軒の教育をうけた。天保(てんぽう)4年6月21日死去。61歳。名は行憲(ゆきのり)。通称は久左衛門。著作に「治国言行録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

明石酉軒の関連キーワードティーク秋田蘭画蕪村七部集プガチョフの乱ウィリアムHハリソン修正舎ゲーテ(年譜)島津重豪都築弥厚イサベル[2世]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone