コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明神鳥居 ミョウジントリイ

大辞林 第三版の解説

みょうじんとりい【明神鳥居】

反りのある島木と笠木・貫・額束、内転びのある二本の円柱、亀腹かめばらからなる、最も普通に見られる鳥居。 → 鳥居

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の明神鳥居の言及

【鳥居】より

…(3)八幡鳥居では柱にころびがつき,笠木の下に島木が加わり,額束もできている。(4)明神鳥居は中世以後現れて最も普及した。形はさらに複雑で,台石をもち,反増がある。…

※「明神鳥居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

明神鳥居の関連キーワード神社(じんじゃ)山形(市)山王鳥居稲荷鳥居中山神社三輪鳥居住吉鳥居笠木額束

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明神鳥居の関連情報