コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明鑑 メイカン

デジタル大辞泉の解説

めい‐かん【明鑑】

曇りがない鏡。明鏡。転じて、ものの姿をあきらかにうつしだすもの。
あきらかな鑑定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいかん【明鑑】

〔「みょうかん」とも〕 くもりのない鏡。物の姿を明らかに映す鏡。明鏡。
ものの真実を見通す力。明察。 「天ノ-マコトニオソルベシ/ヘボン 三版

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

明鑑の関連キーワード狩野 亨吉気象業務法吉田磐谷日置黙仙大拙祖能速水房常雲上明覧曇り屏風明鏡

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android