コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星像テスト せいぞうテスト

世界大百科事典 第2版の解説

せいぞうテスト【星像テスト】

天体望遠鏡の光学検査のうち望遠鏡現場で直接星像を見て行うテスト。星の光は平行光束だが,大口径の望遠鏡では地球大気のゆらぎによる光束の乱れが問題になるので,長時間にわたってゆらぎを平均化することが必要である。星の焦点像を高倍率の接眼鏡で見るか,写真に撮って調べればよいわけだが,わずかに焦点からずらして焦点内外像を比べるほうが感度がよい。球面収差があるとボケが焦点内像と外像とで対称でなくなる。非点収差があると像ののび方が内外像で90度回る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

星像テストの関連キーワード天体望遠鏡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android