コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星像テスト せいぞうテスト

1件 の用語解説(星像テストの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいぞうテスト【星像テスト】

天体望遠鏡の光学検査のうち望遠鏡現場で直接星像を見て行うテスト。星の光は平行光束だが,大口径の望遠鏡では地球大気ゆらぎによる光束の乱れが問題になるので,長時間にわたってゆらぎを平均化することが必要である。星の焦点像を高倍率の接眼鏡で見るか,写真に撮って調べればよいわけだが,わずかに焦点からずらして焦点内外像を比べるほうが感度がよい。球面収差があるとボケが焦点内像と外像とで対称でなくなる。非点収差があると像ののび方が内外像で90度回る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

星像テストの関連キーワードケプラー式望遠鏡ゼルニケ天体望遠鏡塔望遠鏡望遠鏡六分儀屈折望遠鏡ケック望遠鏡カセグレン望遠鏡カナリア大天体望遠鏡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone