コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野徹 ほしの とおる

1件 の用語解説(星野徹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野徹 ほしの-とおる

1925-2009 昭和後期-平成時代の詩人,英文学者。
大正14年8月25日生まれ。昭和32年詩誌「白亜紀」を創刊し編集発行人となる。55年「玄猿」で日本詩人クラブ賞。またイギリス詩を研究し,48年母校茨城大の教授,平成3年茨城キリスト教大教授。一時歌誌「アララギ」にも属した。平成21年1月13日死去。83歳。茨城県出身。歌集に「夏物語」,訳書に「ジョン・ダン詩集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

星野徹の関連キーワード自動車事故背泳染料工業吹雪バタフライ山田朱莉学校法人登録記念物CitrusKissEXILETETSUYA

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

星野徹の関連情報