コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野文平 ほしの ぶんぺい

1件 の用語解説(星野文平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野文平 ほしの-ぶんぺい

1835-1863 幕末の儒者。
天保(てんぽう)6年4月生まれ。安芸(あき)広島藩士。江木鰐水(がくすい),ついで江戸の塩谷宕陰(しおのや-とういん)にまなび,昌平黌(しょうへいこう)にはいる。文久元年帰藩し,藩校学問所でおしえる。3年執政辻維岳(いがく)の京都行きにくわえられなかったのをいかり切腹したが失敗。ゆるされて京都で活動中,傷がもとで文久3年2月10日没した。29歳。名は文。字(あざな)は公質。号は蓍山(きざん)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

星野文平の関連キーワード牧輗柴秋邨三宅錦川石城東山春日仲襲菊池元春鬼頭仲次関仙籟星野東郭和田小伝次

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone