コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野文平 ほしの ぶんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野文平 ほしの-ぶんぺい

1835-1863 幕末の儒者。
天保(てんぽう)6年4月生まれ。安芸(あき)広島藩士。江木鰐水(がくすい),ついで江戸の塩谷宕陰(しおのや-とういん)にまなび,昌平黌(しょうへいこう)にはいる。文久元年帰藩し,藩校学問所でおしえる。3年執政辻維岳(いがく)の京都行きにくわえられなかったのをいかり切腹したが失敗。ゆるされて京都で活動中,傷がもとで文久3年2月10日没した。29歳。名は文。字(あざな)は公質。号は蓍山(きざん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

星野文平の関連キーワードグリュックスボー朝グリュクスボー朝バルザックポー(Edgar Allan Poe)トムソンリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)ジャクソン歴史小説中島名左衛門フランツ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone