春めく(読み)ハルメク

デジタル大辞泉の解説

はる‐め・く【春めく】

[動カ五(四)]春らしくなる。「一雨ごとに―・く」 春》「―・きてものの果てなる空の色/蛇笏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はるめく【春めく】

( 動五[四] )
〔「めく」は接尾語〕
春らしい気候になる。春らしい気配が感じられる。 [季] 春。 「日ましに-・いてきた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はる‐め・く【春めく】

〘自カ五(四)〙 (「めく」は接尾語)
① 春の気候となる。また、春らしくうきうきする。《季・春》
※貫之集(945頃)三「野べみればわかなつみけりむべしこそ垣根の草も春めきにけれ」
② 正月らしくなる。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)二「餠は搗きたての好もしく、春めきて見えける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春めくの関連情報