春日真木子(読み)かすが まきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日真木子 かすが-まきこ

1926- 昭和後期-平成時代の歌人。
大正15年2月26日生まれ。松田常憲(つねのり)の娘。父の指導で作歌をはじめ,昭和30年「水甕(みずがめ)」にくわわる。50年より編集委員をつとめ,のち発行人となる。感覚性のこい作風を展開し,55年「火中蓮」で日本歌人クラブ賞。平成15年水甕の代表。17年「竹酔日」で短歌研究賞。鹿児島県出身。千代田女専中退。歌集はほかに「あまくれなゐ」「野菜涅槃(ねはん)図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春日真木子の関連情報