作歌(読み)サッカ

デジタル大辞泉の解説

さっ‐か〔サク‐〕【作歌】

[名](スル)歌、特に短歌をつくること。また、その歌。「春を題材にして作歌する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さっか【作歌】

( 名 ) スル
詩歌をつくること。また、その詩歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さく‐うた【作歌】

〘名〙 箏曲の山田流の初期に、新たに創作した琴歌を、他から採った琴歌と区別していう。山田検校作曲の「熊野(ゆや)」や「小督(こごう)」など。

さっ‐か サク‥【作歌】

〘名〙 詩歌や歌詞を作ること。また、その歌。
※万葉代匠記(初稿本)(1688頃)一「按するに、当集にては作歌詠歌御歌御制歌あるひはただ歌とのみいへり」
あらたま(1921)〈斎藤茂吉〉編集手記「少し活気があって作歌に熱中して居た」 〔書経‐益稷〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作歌の関連情報