コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田常憲 まつだ つねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田常憲 まつだ-つねのり

1895-1958 大正-昭和時代の歌人。
明治28年12月1日生まれ。岐阜県各地の中学,高等女学校で教職をつとめる。歌は岩谷莫哀(いわや-ばくあい),石井直三郎に師事。昭和2年「水甕(みずがめ)」の編集にくわわり,のち主宰する。昭和33年3月13日死去。62歳。福岡県出身。国学院大卒。歌集に「ひこばえ」「好日」など。
【格言など】ありし日に父がひきたる大弓の紫の房は色あせにけり(秋月城址の歌碑)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松田常憲の関連キーワード岸信介内閣深刻小説日清戦争光の科学史テレビドラマ観念小説文芸倶楽部新共和国連合上野山功一モノコックボディ