コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭和アルミニウム しょうわアルミニウム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昭和アルミニウム
しょうわアルミニウム

アルミニウム加工メーカー。前身は 1905年アルミ加工業を始めた高田商店。 35年高田アルミニューム製作所として現社設立。第2次世界大戦中は航空機材を生産したが,戦後ただちに民需に転換し生活必需品を製造。 53年昭和電工と提携,57年現社名に改称。アルミ圧延で発展したが,設備の近代化,海外との技術提携をすすめ,アルミ製品を広範に開発し多様化した。近年は熱交換器磁気ディスクが好調。売上構成比は,アルミ加工品 63%,同押出品 20%,アルミ箔 13%,アルミ板材4%。年間売上高 1803億 6300万円 (連結。うち輸出 17%) ,資本金 188億 2100万円,従業員数 2934名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

昭和アルミニウムの関連キーワードプロボクシングの階級広島東洋カープクレメンス[アレクサンドリア]公孫氏政権リン酸アンモニウム漢の時代(年表)ムンバイ鉄道テロスペイン政変サパテロ政権H‐IIAロケット

昭和アルミニウムの関連情報